proto-cプロトコンセプト

c07 forged iron (#5~pw)
c07 forged iron (#5~pw)
c07 forged iron (#5~pw)
c07 forged iron (#5~pw)
c07 forged iron (#5~pw)
c07 forged iron (#5~pw)
c07 forged iron (#5~pw)
  • c07 forged iron (#5~pw)
  • c07 forged iron (#5~pw)
  • c07 forged iron (#5~pw)
  • c07 forged iron (#5~pw)
  • c07 forged iron (#5~pw)
  • c07 forged iron (#5~pw)
  • c07 forged iron (#5~pw)

備考欄(希望などご記入ください)

PROTO-CONCEPT

C07 FORGED IRON (#5~PW)

C07 フォージド アイアン #5~PW

ロフトを選択:

#4の単品販売はこちら

備考欄(希望などご記入ください)

数量を選択 :

¥168,000

+税
C07 FORGED IRON

TECHNOLOGY

テクノロジー

SAE8655クロムモリブデン鋼を採用

フェース素材に、軟鉄よりも靭性の高いSAE8655クロムモリブデン鋼を使用することで
フェースの肉厚を薄くでき高い反発力を生み出すことが可能になる。

フェースを薄くすることで余剰重量を生み出し、最適重量配置による適度な低重心化を実現。
ロフトを立てずに、それらによる飛びと直進性、高いミスへの許容度を高めた仕上がりとなっている。

3段偏肉フェース

3段階に偏肉させたフェースは
下部中央部 2.7mm
中央左右部 2.3mm
トップブレード 1.8mm

3段偏肉フェース

フェース溶接のアイアンにある打感や打音の悪さをなくすため下部は厚みを取りトップブレードに向かって薄く偏肉させヘッドスピードの速いプロゴルファーが打ったボールのようにフェースに乗る感覚をヘッドスピードが遅い人でも体感することが出来る。

フェース上部の薄さは1.5mmから耐久テストを行い通常では成し得ない世界でも類を見ない1.8mmという薄さでの製品化を実現した。
さらにブレード上部だけ高周波熱処理を行い、ボディ剛性を高めることで1.8mmの薄さでも耐えられる強度を生み出すことに成功した。

SPEC

スペック
Number #4 #5 #6 #7 #8 #9 PW
Loft(°) 22 25 28 31 35 39 44
Lie(°) 61 61.5 62 62.5 63 63.5 64
Bounse(°) 3 4 5 6 6.5 7.5 8.5
FP(mm) 3 3.3 3.5 3.7 3.9 4.2 4.5
Material
FACE:SAE8655 Nickel Chromium Molybdenum Steel / BODY:Carbon steel(S20C)
Finish
ニッケルクロムメッキ・サテン仕上げ / キャビティ内マットブラック

Head:Made in Thailand
Assembled in Japan

プロダクトデザイナー 宮城裕治

「本物への導き」

日米ツアーの現場において20年超、ツアープロに支給し続けてきた結果と実績から導き出された、
確信の設計理論とソール理論。
MT-28から始まり、多くのプロに支給し続け、生み出された実績のウェッジ。
20年間突き詰め削ぎ落した集大成が詰まった確信のクラブ ー PROTO-CONCEPT

プロダクトデザイナー 宮城裕治

経歴

2005年
ZOMOと専属契約。
丸山茂樹プロのパターデザイン開発。
2006年
(有)クールデザイン創設
2007年
プロギアと専属契約。
MTIウェッジをデザイン開発。
2010年
ヨネックスとクラブアドバイザリー契約。
石川遼プロのクラブデザイン開発とサポートを中心に活動。
2019年
PROTO-CONCEPT(プロトコンセプト)を提唱

代表作

FOURTEEN
MT-28
ZOMO
ZOMO PUTTER
PRGR
MTI WEDGE
YONEX
EZONE TOUR WEDGE
ZERO IRON

1962年、東京・江戸川区生まれ。
(有)クールデザイン代表。

フォーティーン勤務時代にツアープロ用のクラブ開発に携わり、名器「MT-28」を開発。
2006年に独立し(有)クールデザインを創設。
ヘッドデザインやソール形状など、使用プロのスイングに最適なクラブ設計やグラインドを各々行い、フィッティング支給することで多くのツアープロ、トップアマから支持を受ける。
プロギアの「MTI WEDGE」、ヨネックスの石川遼プロ専用モデルなど、クラブメーカーのウェッジやクラブ開発を手掛け、多くのヒット商品を生み出してきた日本を代表するクラブデザイナー。
ヘッド設計、デザイン、シャフト開発提案はもとより、ヘッド・グラインド、フィッティング、スペック提案、アッセンブリ及び調整まで、一貫して全て行う唯一のクラブデザイナーでもある。